コーチングって何?コンサルやカウンセリングとの違いとは?

コーチングって何?って思っているあなた。

この記事では、コーチングとコンサル、カウンセリングの違いについてお伝えしていきます。

【この記事で解決できるお悩み】
・コーチングって何?
・コーチングとコンサル、カウンセリングの違いって何?

 

ゴロウ
ゴロウ

こんな疑問を解決できる記事を書きました!

ライフコーチとして活動している僕が「コーチング」について解説します。

コーチングって何?コンサルやカウンセリングとの違い

コーチングとコンサルの違いとは?

コーチングと近いものとして、みなさんもよく耳にする、コンサルがあります。

コンサルとは、問題点や課題を見つけ、その解決に向けた最善の提案をすることを言います。

 

「誰に、何を、どのようにビジネス展開したいのか?」というような質問をしながら、コンサルタントの知識や経験を元に相手の解決をはかります。

なので、コンサルタントとは、簡単に言うと、アドバイスをする人のことを言います。

コーチングは原則、アドバイスや提案はしません。

じゃあ何をすんの?って思う方もいるかと思います。

 

例えば、「どうして、起業したいと思ったの?」とか、「起業することで何を成し遂げたいんですか?」というように、色んな角度から、クライアントさんの持つ想いや考えを引き出しながら、行動を促す。

それがコーチングです。

 

アドバイスではなく、本人が自ら気づき、行動が変わるのを支援すること。

なので、コーチとは簡単に言うと、その人に気づきを与え、行動を後押しする存在のことを言うわけです。

両者ともに、行動変容を促すという点では同じですが、そのアプローチ方法が違います。

 

コーチングとカウンセリング、セラピーの違い

もう一つコーチングと似たモノにカウンセリングがあります。

カウンセリング(セラピー)はマイナスの状態を0に戻すサポートのことを指します。

なので、精神的な悩みを抱えた人を対象とすることが多いです。

具体的な解決策として、現状に至った原因や過去に遡ってアプローチすることが多いのもカウンセリングやセラピーの特徴です。

 

一方コーチングは、今ある現状から未来に向けての変化を起こすサポートを行ないます。

相手の潜在能力や強み、可能性に目を向け、目標達成や能力アップのサポート、将来どうありたいかを重視したアプローチを取ります。

主に、現在と未来に焦点を当てます。

 

両者の違いは対象となる相手の状況が異なり、また目的も変わってくるということです

 

コーチング、コンサル、カウンセリングの違いは対象となる相手の状況の違いによって変わり、ゴールへ向けてのアプローチ方法が変わるということですね。

 

自分が今どんな状況にあり、何を解決したいのかによって必要なアプローチ方法が変わってきます。

 

もし、今のあなたが、現状の何かを変えていきたいと思っていたり、

誰かの知識よりも自分の中にある答え、やりたいことを大切にしたいと思ってるのでしたら、

コーチングを一度受けてみるのもオススメです。

一人では気づけない、「思考のクセ」「行動のクセ」に気づき、自分らしい人生を歩無ことができるようになりますよ。

 

「テバナス」コーチング無料モニター募集

毎日に自由を。「新しい自分」始めてみませんか?

いらないモノを手放すことで自由になれる「テバナス」コーチングまもなくモニター募集スタート!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました